「高齢者こそ蜂の子を飲もう!」

目次

  1. 蜂の子が高齢者に効果がある理由
  2. 蜂の子の高齢者に良い効果
  3. 高齢者に良い効果がある蜂の子の成分
    1. 血圧を下げる効果がある成分
      1. パントテン酸
      2. マグネシウム
    2. 動脈硬化に効果がある成分
      1. パントテン酸
      2. メチオニン
      3. タウリン
      4. ナイアシン
      5. マグネシウム
      6. オレイン酸
      7. リノール酸
      8. リノレン酸(αリノレン酸・アルファリノレン酸)
    3. 骨粗しょう症に効果がある成分
      1. カルシウム
    4. 老化防止(アンチエイジング)効果がある蜂の子の成分
      1. アルギニン
      2. グリシン
      3. セリン
      4. ビタミンC
    5. その他の高齢者に効果がある成分
      1. アルギニン
      2. 亜鉛
蜂の子は、耳鳴りや難聴の予防、改善効果が知られていますが、それ以外にも高齢者に良い効果があります。
ここでは、蜂の子に含まれているどのような成分が高齢者に良い効果を与えるのかを説明します。

蜂の子が高齢者に効果がある理由

高齢になると身体の機能が衰えて、あちこちに不調が見られるようになります。
また、年を取ると消化器官が衰えて、以前のようには量を食べられなくなり、栄養が偏ったり不足したりしやすくなります。
蜂の子は、栄養素が多く含まれているので、不足しがちな成分を補い、身体を強くする働きがあります。

蜂の子の高齢者に良い効果

蜂の子には以下のような高齢者によい効果があります。

〇血圧を下げる
〇コレステロール値を下げ、動脈硬化を予防、改善する
〇骨粗しょう症を予防、改善する
〇老化防止効果(アンチエイジング)

高齢者に良い効果がある蜂の子の成分

血圧を下げる効果がある成分

パントテン酸

ビタミンB群のひとつのパントテン酸(ビタミンB3)は、腎臓からナトリウムを排出させて血圧を下げる効果があります。

マグネシウム

ミネラルのマグネシウムは、カルシウムが血管を収縮させて血圧を上げる働きを抑えるので、血圧を下げる効果があります。

動脈硬化に効果がある成分

パントテン酸

パントテン酸は、動脈硬化にも効果があります。

パントテン酸は、善玉コレステロールの合成を促します。
善玉コレステロールは、血管の内側に沈殿して血管を固くしたり狭くしたりする悪玉コレステロールを取り除いて肝臓へ運ぶはたらきがあるので、動脈硬化を予防、改善します。

メチオニン

必須アミノ酸のメチオニンは、肝臓の代謝(栄養素をエネルギーに変換したり、蓄積したりする働き)を促し、代謝をよくすることで血液中のコレステロールを燃焼させて、脂肪が肝臓に溜まることを防ぎ、脂肪肝を防ぎます。
脂肪肝は、放置すると肝硬変や動脈硬化になる可能性が高くなります。

タウリン

非必須アミノ酸のタウリンは、血液中のコレステロールや中性脂肪を分解する働きがある胆汁の生成や分泌を促進する働きがあります。

ナイアシン

ビタミンB群のひとつのナイアシン(ビタミンB3)は、脂質の代謝を促進し、血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

マグネシウム

ミネラルのマグネシウムは、血管を拡張して血圧を下げたり、カルシウムが血管の壁に沈殿するのを防ぐ働きがあるので、動脈硬化や高血圧の予防、改善に効果があります。

オレイン酸

脂肪酸のオレイン酸は、悪玉コレステロールを排除し、善玉コレステロールを増加させて血管の健康を保つ働きがあるので、動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防、改善に高い効果があります。
オレイン酸を摂取すると、動脈硬化や心疾患を予防、改善する効果があることが研究と調査で判明しています。

リノール酸

脂肪酸のリノール酸は、オレイン酸と同じく血液の中の悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

リノレン酸(αリノレン酸‐アルファ・リノレン酸)

脂肪酸のリノレン酸(一般的にはαリノレン酸のことをいいます)は、血液をさらさらにして、血栓ができるのを予防する効果が高いDHAやEPAに変換されるので、動脈硬化や心疾患を予防、改善する効果が高い成分です。

骨粗しょう症に効果がある成分

カルシウム

ミネラルのカルシウムは骨や歯の主な成分で、骨の強さを保つ働きがあります。
カルシウムが不足すると、不足した分を補おうと、骨の中のカルシウムが血液中に溶けだし、骨がスカスカになる骨粗しょう症になります。
また、流れ出したカルシウムが血管の壁に留まって血管を細くし、動脈硬化の原因になる場合があるので、カルシウムは不足しないようにする必要があります。

老化防止(アンチエイジング)効果がある蜂の子の成分

アルギニン

非必須アミノ酸のアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進するので、筋肉や骨、肌を再生する働きがあります。
また、血管の老化を予防する働きもあります。

グリシン

非必須アミノ酸のグリシンは、細胞を痛めて老化を促進する活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
また、肌に弾力を与えるコラーゲンの材料になるので、アンチエイジングに高い効果があります。

セリン

非必須アミノ酸のセリンは、脳の意欲や記憶力、認知力を向上させる働きがあるアセチルコリンや ホスファチジルセリンの材料となります。

アセチルコリンとホスファチジルセリンは、アルツハイマー型認知症の予防や、加齢による認識力の低下や記憶力の低下の予防、改善に効果があります。

ビタミンC

ビタミンCは、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、細胞を活性化し、免疫力を向上させる働があります。
また、皮膚を作るコラーゲンを生成する、貧血や疲労を予防、回復する、などの働きもあります。
マウスの実験で、体内でビタミンCが合成できないようにしたマウスと普通に合成できるマウスに、ビタミンCがあまり入っていないエサを与えたところ、ビタミンCを合成できないマウスは4倍のスピードで老化したことが判明しています。

その他の高齢者に効果がある成分

アルギニン

非アミノ酸のアルギニンは、代謝を活発にしてエネルギーをより産み出す働きがあります。
また、成長ホルモンの分泌を促進するので筋肉を強くし、さらに免疫力を高める効果もあります。

ミネラルの鉄は、高齢者が不足しがちな成分です。
鉄は、赤血球の中のヘモグロビンの材料となるので、鉄が不足すると貧血になり、疲れやすくなります。

亜鉛

ミネラルの亜鉛は、細胞が生まれ変わったり、増殖したりするのに必要な物質なので、新陳代謝や 成長を促進する働きがあります。

また、免疫力の低下を防いだり、活性酸素を除去して細胞の老化を防いだりします。

おわりに

年を取ると一番不足する栄養素はたんぱく質だといわれています。
蜂の子は、たんぱく質の材料になるアミノ酸を19種類も含んでいます。
また、加齢によって耳の聴こえが悪くなると、人とのコミュニケーションが取りづらくなり、認知症の引き金になる場合もあります。
蜂の子は、難聴や耳鳴りを予防、改善する効果がある上に、年を取ると不足しがちな栄養素を補い、身体を強くするので、高齢者に適した食品です。
蜂の子の見た目や味がつらい場合は、蜂の子のサプリメントを利用するといいでしょう。